飲食店の居抜き物件を探すタイミングとは

いつから始めるのか

いつか自分のお店を持ちたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、お金の問題があり、なかなか準備が進まないことも少なくありません。
初期費用が足りないのであれば、居抜きを検討してみてください。
前の設備や備品がそのままあるため、すべて購入する必要がないのです。
特に、飲食店は調理台、シンク、冷蔵庫、冷凍庫、コンロ、食器棚などが必要になり、すべて新品で買い揃えると初期費用も高額になります。
しかし、このような設備、備品が揃っている物件を活用するとコストを抑えることができます。
また、中にはお金の問題はないけど、いつから動き出すべきかわからない人もいるはずです。
物件を探すタイミングを知り、これから準備を始めてみてはいかがでしょうか。

簡単には見つからない?

居抜きにも様々な種類がありますが、簡単に理想を叶えるものが見つかるかというと、そうでもありません。
飲食店のコンセプト、開業したいエリアにピッタリな居抜きは、そうそう見つからないものです。
事業計画も立てるはずですが、どんな飲食店にしたいのかをイメージしつつ、できるだけ早いタイミングで探し始めてください。
また、幅を持たせることも重要です。
妥協できる点、譲れない点を明確にしておくと、見つけやすくなります。
スケルトンとは異なり、アレンジがききません。
そのため、良さそうな物件を見つけて、それに合わせて価格帯やスタイルを変えるなど柔軟性も持っておきましょう。
事業計画を立てるときは、提供するものや場所、いくらで販売するのか、ターゲットとなる客層、客単価なども考えてください。
これらを明確にし、エリアや広さ、家賃を割り出していくのがポイントです。
探すタイミングが遅ければ、計画通りに進まなかったときに開業日に間に合わないかもしれません。
また、先に他の希望者が契約してしまう可能性や、まだ空いていないことがあります。
少しでも気になったところがあれば、早めに問い合わせて、内覧や確保をしておきましょう。
こまめに情報をチェックしておくことも大切です。