居抜き物件で飲食店を開業するときに注意することとは

イメージまで引き継いでしまう?

居抜き物件を利用して飲食店を開業しようと検討している人もいるのではないでしょうか。
すでに探しを始めている人もいるでしょう。
価格や見た目だけで決めると開業後に失敗する可能性があるため、契約する前に注意点について知っておくことが大切です。
注意点の一つは、前の店舗のイメージや評判も受け継いでしまう可能性があることです。
前のテナントの評判が良ければ、それほど悪影響を受けることはないかもしれませんが、閉店した理由がお客さんから評判が悪い、近隣とトラブルが耐えない店舗だった場合は、気をつけなければなりません。
そのような場合には前の店舗をイメージさせないように、外観も内装も変更する必要があるでしょう。
店舗の雰囲気を変えると違う印象を与えることができるため、前の店舗の影響を引きずることはないでしょう。
近隣へ丁寧に挨拶回りをすることも大切です。

備え付けのものも要チェック

居抜き物件は設備や機器なども、そのまま譲り受けることができ、初期費用を大幅に削減できるメリットがあります。
しかし、リースの契約が残っているかもしれません。
特に厨房設備です。
前オーナーがリース契約をしていたのか、契約期間は終わっているか、確認をするようにしましょう。
手続きの仕方で厨房利用の形態が変わってくるため、確認は欠かせません。
また、業種が異なる店舗の場合は、レイアウトや設備の変更にコストがかかることも注意点としてあげられます。
飲食店を開業する場合には、居抜き物件を選ぶ際も飲食店だった店舗を選ぶのがポイントです。
業種が違うと動線が異なることや、接客やキッチンでの調理がしにくく感じるでしょう。
作業しやすいように全てを変えてしまうのも一つの方法ですが、初期費用を抑えたいのであればおすすめできません。
設備や動線だけでなく、給排水やガス管、電気の場所まで変更すると莫大なお金がかかってしまいます。
不安な場合は設計施工会社などの専門業者に内見を同行して、問題点がないかをチェックしてもらうと安心です。
また、すでに備え付けられているものが古い場合には、使用するのに問題がないか確認しましょう。
新品よりも故障のリスクが高いため、使用年数なども事前に確認しておきたいポイントです。