居抜き店舗で美容院を開業するメリット・デメリット

美容院の居抜き店舗で開業するメリット

美容師の経験を積み自分のお店を出そうとしている人や、今ある美容院の店舗を増やすために物件を探している人もいるでしょう。
美容院を開業するための物件探しは簡単ではありません。
店舗の規模や、駅からの距離、駐車場の有無など、立地条件が集客に大きく影響するからです。
美容院の開業を考えている人は、居抜き物件を選択肢の中に入れてみると良いでしょう。
居抜き物件とは、前の店舗の設備や内装をそのまま引継ぎ使える物件のことを言います。
居抜き物件のメリットは、同業の場合には以前出店していた店舗は、立地も考えた上で開業したはずです。
美容院を開業するためには物件探しのほかに、多くの物品や器材が必要ですが、居抜き物件は設備が備わっているので、開業前の資金削減ができるのです。
また、内装も以前の店舗のものを活用することや、少しリフォームするだけで開業することもできるため、開業時期を早めることができます。
また、同業の場合には、以前の店舗のお客様が利用するケースもあるのです。

美容院の居抜き店舗で開業するデメリット

美容院を居抜き店舗で開業するメリットは様々ありますが、デメリットについても知っておきましょう。
居抜き物件は、前の店舗で利用していたものを再利用できるため、初期準備において費用面でもメリットがありますが、前の店舗で利用していたものが不要となる場合もあります。
その場合には、処分する必要があるため、処分代や解体費がかかることがあるのです。
また、前の店舗がどのような理由で閉店したかを知っておいた方が良いでしょう。
閉店する理由は様々ありますが、悪い評判などがあったケースは、影響をうける可能性があります。
同業の場合には閉店理由を知ることで問題点が明確になるので、開業するときに活かすことができるのです。
居抜き物件で美容院を開業するときには、メリットとデメリットをよく比較することが大切になります。