居抜き店舗で飲食店を開業するメリット・デメリット

居抜き店舗で開業する前に知っておきたい特徴

居抜き店舗で飲食店を開業しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
居抜き店舗とは、以前のテナントが使用していた設備や内装が残っている店舗のことです。
開業する前に居抜き店舗のメリット、デメリットを知っておきましょう。
メリットは改装費や設備費を節約することができることです。
また、工事期間も短縮できます。
初期投資額、予算が少ないという場合や開業までの期間が短いという場合は居抜き店舗を利用して飲食店を開業すると良いでしょう。
スケルトン物件よりも市場に多く出回っているため、様々な店舗を比較できることもメリットとして挙げられます。
スケルトン物件とは、居抜き店舗とは対照的に内装設備がない物件のことです。
設備や機器を自分で選べるといったメリットがありますが、自分のコストがかかります。
工事期間も長く、開業までに時間がかかることもデメリットです。
内装にこだわりがない場合は、居抜き店舗を検討してみると良いでしょう。

居抜き店舗のデメリット

様々なメリットがある居抜き店舗ですが、デメリットもあります。
それは、経年劣化で前の設備が使えないことがあるということです。
設備が使えないと、すぐに飲食店を開業することができません。
特に前のテナントが撤退してから、長期間経過している場合は注意してください。
しっかりと設備が使えるかどうかを確認してから、居抜き店舗を決めましょう。
また、前のテナントが閉店した理由も確認する必要があります。
立地が悪い、店舗が狭いなど閉店しやすい環境や状況があるかもしれません。
環境は変えることができないため、開業してもすぐに閉店とならないように閉店理由を調査しましょう。
前店舗のイメージを引き継いでしまうこともデメリットの一つです。
前に入っていた店舗を知っている人は、どうしてもそのイメージを引き継いでしまいます。
悪いイメージを払拭するために、内装や外装にこだわりましょう。
しかし、前店舗のイメージが良ければ以前からの顧客を取り込みやすくなります。
居抜き店舗で開業するメリット、デメリットどちらも把握した上で活用することが大切です。