居抜き物件の活用について

居抜き物件の活用について

新しく店舗を構えてお店を始める時には、物件探しから始まります。
また、開業する際には賃料や内装工事、設備費用など多くの費用がかかります。
経営をする際には、できるだけ初期費用を抑えたいと思うものです。
最近、テナント募集をしている中で、居抜き物件との表記を見かけます。
物件探しをしている経営者は、居抜き物件について知っておくと良いでしょう。
居抜き物件は、閉店をする店舗側だけでなく、これから開店をする店舗や所有しているオーナーにとっても、メリットがある契約形態となっています。
以前は、居抜き物件といえば飲食店が中心となっていましたが、現在では美容院や病院など、様々な職種で活用されているのです。
初期費用を抑えて開業したい経営者は、居抜き物件の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

居抜き店舗とは、以前のテナントが使用していた設備や内装が残っている店舗のことです。居抜き店舗で飲食店を開業するメリットとデメリットどちらも把握した上で活用することが大切です。

・・・つづきはこちら

自分のお店や美容院の店舗を増やすために物件を探している人もいるでしょう。美容院の開業を考えている人は、居抜き物件がおすすめです。居抜き物件のメリットとデメリットを知りましょう。

・・・つづきはこちら

居抜き店舗でクリニックを開業するメリットがあります。メリットの一つは、以前のクリニックのまま設備や備品があるため、初期費用がおさえられることです。しかし、デメリットもあります。

・・・つづきはこちら

これから居抜き物件を活用して開業、独立をしようと考えている人もいるのではないでしょうか。居抜き物件の見極め方は、内見がポイントになります。後々問題が発生しないように見極めましょう。

・・・つづきはこちら

居抜き物件はコスト削減ができるのがメリットですが、注意しなければならないこともあります。飲食店の開業を成功させるためにも内見時の注意すべきポイントを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

居抜き物件の成功事例はたくさんありますが、その中でも3つの事例をご紹介します。バルや居酒屋、カフェの開業で成功した事例があります。この3つの事例が成功したポイントは交渉です。

・・・つづきはこちら

居抜き物件は厨房設備などを前の状態で残っているため、再利用することができます。そのため、飲食店を開業する際は、初期費用を抑えることができるといったメリットがあります。

・・・つづきはこちら

居抜き物件を利用して飲食店を開業しようと検討している人もいるのではないでしょうか。開業後に失敗しないためにも、契約する前に注意点について知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら